講師との相性も大事

大手進学塾を選ぶ時にやっぱり気になるのが「合格者実績」です。これに尽きます。それはそうなって当たり前です。合格者実績がその塾のいわば成績表みたいなになるので、塾側も大体的にどーんと合格者実績を打ち出してきます。合格者実績を見て気にある塾があれば、資料を取り寄せることから塾選びが始まるので、気になる塾は遠慮せずにどんどん資料請求をしていきましょう。

子供のタイプを見極める

子供がいけいけどんどんで、競いあうことでやる気モチベーションが上がる負けず嫌い系の子供の場合は、大勢の塾生がいる大きな塾で競いあうことでやる気が生まれます。でもその反対のタイプの子供もいます。質問することが苦手で、周りがどんどん発言すると雰囲気に飲み込まれてしまって萎縮するタイプの子供です。そのような子供の場合には、大規模の塾で競い合うよりも少人数の塾で、少ない生徒数の方が本人のペースはみだれることはありません。

塾のカラーで選ぶ方法

落ち着いた大人の先生が指導する塾もあれば、保護者よりも若い先生が教える塾もあります。熱血をセールスポイントにしている塾もあるので、そこは体験授業などで一度受講させることが大事です。受講するのは子供なので、子供の意見を最優先させましょう。子ども自身が「この塾には行きたくない」と言えば、親がどんなにこの塾に行けば成績も間違いなく上がるし、行きたい学校に合格するには一番の近道だと言っても、行きたくないという気持があれば、たとえ無理やり入塾させたとしても、子供はいやいやながら通塾することになるので、当然ながらやる気もでるはずもありません。

子供の意見を最優先させるためにも、体験授業や見学ができる塾がほとんどの塾では可能になっているので、早い段階で体験授業を受けさせましょう。そして子供の意見を一番に考えて塾を選びましょう。子供が選んだ塾とはいえ、通塾を続けていくうちに成績の上下は必ずあります。いつもいつもずっーーーーーーと上位で安定している子はごくごく一部なので、子供のモチベーションが下がることもある。と念頭においておきましょう。行きたくない塾で通っている場合には「だからこの塾には行きたくないって最初に言ったのに!」と言われてしまいます。

行きたいと本人が決めた塾であっても、思うように伸びない成績に子ども自身が落ち込んで「もう行きたくない」と言うことも出てくるかもしれませんが、そんな時には塾の先生に相談したりして乗り越えていくしかありません。その時でも本人が行きたいと思った塾ならば、やはり塾での授業はそれなりに刺激をうけているので、再び持ち直してきます。

講師との相性

講師との相性もとても大事です。特に個別指導塾や家庭教師の場合は1対1だったり2対1なので、生徒と講師の距離も大変近くなるので評判が良いという先生であっても、子供との相性がイマイチだった場合は思い切って担当講師を変更をお願いするというのも大事なことになります。

ただし、塾の場合ではそうはいきません。とくに大型塾になればなるほど難しいことになります。個別指導塾の場合なら、講師の人数も多いので担当講師の変更を教務や事務スタッフに申し出ることで対応してもらえますが、大型塾の場合には本部側の指示で講師が配属されているので子供と相性の合わない講師であっても、講師変更をお願いするのは難しくなります。

大型塾の場合は本部側でも、アンケートなどを実施して講師の質を一定基準満たすような努力はしていますが講師と生徒の相性は、いくら教える側の質が高くても相性ばかりはなんともいえない部分になるので、子供が行きたくないと言い出すようになった時には転塾も含めて考える段階にきていると思います。

「塾に行きたくない」となったら、受験そのものを見直すことになるので講師の指導力の高さが子供も認めていれば、「そんなにいきたくないなら塾を変えようか。」と話をすると、子供なりに答えを見つけはずです。行きたい学校があれば、あの先生は嫌いだけどやっぱり分かりやすいからだからやっぱりこのまま続けよう。という気持になるかもしれません。

受験する時に悩む「塾選び」と「家庭教師」の選び方